心地よい照明でぐっすり

スーパーホテルの照明は、快眠を考えた明るさ。
照明イメージ

私たちの体は、日が落ちて暗くなると「副交感神経」が優位になり、活動から休息へ自然にスイッチが切り替わろうとします。 しかし明るすぎる照明の中にいると、脳が“まだ昼間の活動時間"だと錯覚してしまい、切り替えがうまくいかず、結果的に眠りの妨げになってしまうことも。 スーパーホテルの照明は、人が最も眠りに入っていきやすい「少し暗め」の設定。何よりも「ぐっすり」を最優先に考えているからです。

「ぐっすり」のあと「すっきり」と目覚めるために

起床時、すっきりとした目覚めを体感するには「光」の効果を利用しましょう。 朝の太陽光を室内に取り入れ、積極的に光を浴びることで、脳にある体内リズム時計がリセットされるのです。スーパーホテルの心地よい環境でぐっすり眠った後は、 目覚めと共にカーテンを開けましょう。

 

眠りに入る前にする大切なこと。それは部屋の明かりを眠る直前ではなく、1時間前くらいから早めに落とすことです。 私たちが眠りにつくとき、脳内でメラトニンと呼ばれるホルモンが分泌されます。 メラトニンは脈拍、体温、血圧を低下させることによって 睡眠と覚醒のリズムを上手に調整し、自然な眠りを誘う作用があります。 日没後、少しずつその分泌量が上昇し、熟睡中それがピークに達します。 しかし、メラトニンは太陽の光や部屋の明かりの下では分泌を抑制してしまう性質があります。 したがって、メラトニンを分泌させ、スムーズに眠り入るためには、早めに部屋の明かりを落とすことが大切なのです。