健康イオン水でぐっすり

人間の体は平均70%が水分。水と健康は深く関係します。 特殊技術が生んだスーパーホテルの健康イオン水。

世界8ヶ国で特許を取得している「MICA加工」で、水の性質も変わるってご存じですか?水を加圧しながら特殊な鉱石と接触させることにより、分子運動が活発になった「エネルギーの高い水」に変化させる技術です。スーパーホテルの「健康イオン水」は、まさにこのMICA加工によって作られた水。健康維持やリラクゼーション効果が検証されています。

エネルギー転写した水を、デバイスで全館給水

例えば磁石を長時間鉄につけておくと、そのうち鉄そのものが磁力を持つようになりますね。このようなエネルギーの転写が水にも起こります。 スーパーホテルでは水の給水管そのものに「MICAデバイス」を設置。全客室の蛇口をひねれば「健康イオン水」が出るシステムを整備し、 飲用だけでなく洗面やお風呂にも贅沢に使っていただけます。
※現在は一部店舗のみですが、今後は全ホテルへ展開していきます。

 
浸透性・保湿性に優れた水

「健康イオン水」の特長の一つが、浸透力。MICA加工により水の水素結合がはずれる「低分子化」が起こり、細胞内に浸透しやすい水となります。もう一つの特長が、保湿性。人工皮膚を用いて健康イオン水と蒸留水を比べた実験では、浸透性・保湿性ともに健康イオン水が優れていることが実証されています。

「健康イオン水」と普通の水道水を、それぞれ別のグループが約3週間飲み続けるプラセボ実験を行いました。 その結果、「コレステロール値」「中性脂肪」「血中の活性酸素量」「血中抗酸化力」そして「リラクゼーション」 「疲労回復の自覚症状」など…さまざまな項目において「健康イオン水」の生体への影響が検証されています。

人間の体からは、汗や尿の形で1日に約2.4リットルの水分が失われます。 もちろん個人差はありますが、毎日、出て行く以上の水分を補給することが必要。 食事から取り入れる水分は約1リットル、体内の代謝によってつくられる水分が約0.3リットルといわれるので、 少なくとも1.2リットルは、意識的に水を飲むようにしたいもの。「そんなに飲めない!」と思いますか?大丈夫、 一度にたくさん飲むのではなく、何回もに分けて少しずつ…から始めてみましょう。 

脳梗塞は朝、起床時に発見されるケースが多い…それは、寝ている間に汗をかいて水分が失われ、起きた時には最も血液がドロドロ状態になっているから。朝起きたらすぐに、コップ1杯の水を飲みましょう。血液の流れがスムーズになります。

就寝前の水分補給も大切。寝ている間に失われる水分をあらかじめ補給しておくことで体への負担が軽減されます。この時、気をつけたいのは糖分の入ったジュースはやめておくこと。血糖値が上がり、よけいに血液の粘性を高めてしまいます。

「早めに、こまめに」というのが、理想的な水の飲み方。「のどか渇いた」と感じてから飲むのではなく、渇きを感じる前に水分をとることが重要です。ビールなどのアルコールや多量のカフェインを含む飲料は、尿の量を増やすので水分補給には適しません。