SHの強み

ハイパフォーマンス経営の追求

「顧客満足度を上げる」「コストを抑える」。一見すると矛盾しているようにも感じるこの二つの要素。それを高いレベルで実現しているのが、スーパーホテルの大きな強み。サービスに注力し、徹底的にムダを省く。それが、私たちが追求するハイパフォーマンス経営の姿なのです。

経営者マインド・ベンチャー(独立)志向の高い人材にホテルの運営管理を委託。SHのコンサルタントがサポートする制度です。将来、経営者になる方の夢を支援することがスーパーホテルの事業の一つです。

業界でいち早くノーキー・ノーチェックアウトをスタート。ホテルで最も混み合う朝のチェックアウトの時間帯の混雑を緩和し、不満足解消を実現。『人』でしかできないことを『人』がする生産性の高い企業を目指しています。

ゆっくり疲れをいやしていただける天然温泉の大浴場を設けることで、他チェーンとの差別化に。お客様満足の向上に貢献するとともに、客室での水道使用料の低減も実現しています。

選べる8種類の枕、ビジネスホテルではめずらしいセミダブルのベッド、防音・静音設計の客室、照明などなど。快眠いただくことで夜間の人員配置を最小限に抑えられる狙いもあります。

「お客様満足を実現するコスト削減」という視点で様々な取り組みを行った結果、ビジネスホテル業界においては低価格の宿泊料金設定でありながら、ダントツの売上高を達成。利益率も向上させています。

特徴あるホテルづくり

 「スーパーホテルを第二の我が家」とお客様に感じていただきたい。私たちはそんな想いを込めて、ホテルを運営しています。だからお客様をお迎えするご挨拶は「おかえりなさいませ」なのです。そのほかにも健康と環境維持を実現する「LOHAS」にも積極的に取り組み、特徴あるホテルづくりを実施しています。

お客様のために

無料朝食

ホテルのある地域の特産品や有機JAS認定野菜のサラダにオリジナル健康ドレッシングなど、栄養価の高い食材を取り入れた無料朝食は、多くのお客様からご好評をいただいています。

健康イオン水

健康維持やリラクゼーション効果が実証されている、安心で体に優しい「健康イオン水」。スーパーホテルでは、飲用水としてだけでなくバスルームにも採用しています。

地球のために

ECO泊

「自社が出すCO2に責任を持つ」という考えに基づき、WEB予約のお客様を対象に、宿泊時に発生したCO2排出量全てを、お客様に代わりカーボン・オフセットする「ECO泊」を実施中。

エコひいき

風呂や洗濯などホテルは大量の水を使います。そこで、連泊で「清掃不要」のお客様にはミネラルウォーター、歯ブラシ未使用ならお菓子をプレゼントし、ECO推進に努めています。

元気な地域のために

岐阜県東白川村の皆さんとともにつかんだ
「第12回パートナーシップ大賞グランプリ」

「ていねいで美しいふるさとづくり」をスローガンに活動する東白川村のオフセット・クレジットを購入し、新人社員研修も実施。その交流が評価され2017年に大賞を受賞しました。

地元愛の強い経営者がオーナーとなった
島根県の「スーパーホテル江津駅前」

人口減少と高齢化が進む江津の街。「もっと人を呼び、活性させたい」という声に応え、開業を決定。約200社の地元企業がオーナーとなり、駅前唯一のホテルとして営業しています。

2つ目のメガソーラー事業を
滋賀県甲賀郡で開発しました

2016年に2つ目のメガソーラー事業がスタート。設備容量は計2002kw、太陽光パネルは8008枚と、三重県に設置したものより大規模に。CO2排出の抑制や地域社会への貢献を目指します。

地元の素材で「地産地消」を取り入れながら
積極的に「社会との調和」を進めています

料理研究家などと協力し、地元の食材を使用した「地産地消」メニューを開発。調理も地元の企業に委託し、お客様に地域のよさを知っていただきつつ地元経済へ貢献しています。

スーパーホテルの風土・文化

 お客様のために何ができるかを考える。そのために自分たちが圧倒的に成長する。それがスーパーホテルの風土と文化の特徴。その中で育まれた特徴的な取り組みの一部をご紹介します。それらを通して成長した社員と生まれた成果が、お客様により喜ばれ、何度でも選ばれる、未来のスーパーホテルを創るのです。

すべての業務はお客様のために
誰もが納得できるまで、話し込む

上司と部下が議論を戦わせる「話し込み」は社内のあちこちで見られる風景。「業務だからやる」はスーパーホテルではNG。「お客様のためなのか」「なぜやるのか」、とことん意見を出し合い、理解し合ってはじめて行動に移すのです。お客様を想うことに先輩後輩、上司部下の垣根はありません。腹を割って、心から想いを話せる。それも社員に求められる資質です

良い提案は即採用、実現されるから
アイデアが生まれ、発信もしやすい

「社内提案制度」は誰でも気軽にアイデアを出せる取り組み。年間500以上の応募があり、13の提案が採用。より環境に優しい歯ブラシのパッケージ改善は、入社1年目の社員のアイデア。ルームレイアウト変更の提案では、生産性が向上し年間36億円の経費とゴミ削減を実現。6月8日の「LOHASデー」制定も、この制度から生まれた活動なのです

スキルとモチベーションを上げる
接客の品質を競う検定制度

フロントアテンダントの検定制度「スター制度」。この制度も社員のアイデアから生まれました。接客の実技と筆記試験で、ランクを決定。スキルに応じたスターが授与されます。半年に1回の試験に挑むため、業務内外で社員は切磋琢磨しています。目指すのはスター獲得ではなく、その先にあるお客様の輝く笑顔。こういった取り組みがホテルの質を高めています

環境分野

eco検定アワード2016
エコユニット部門優秀賞

第6回 カーボン・オフセット大賞
環境大臣賞

おもてなし分野

第1回
日本サービス大賞

J.D.パワー2016年度
日本ホテル宿泊客満足度調査

マネジメント分野

女性活躍推進法
「えるぼし」認定

第12回 日本パートナーシップ大賞
グランプリ

J.D.パワーの
日本ホテル宿泊客満足度ランキング
(1泊9,000円未満部門)で、

4年連続1位を受賞!

出典: J.D. パワー 2017年日本ホテル宿泊客満足度調査SM
リンク:J.D. パワー 日本ホテル宿泊客満足度調査 

人と出会い、成長を支える
そのなかで自分も成長していける

 スーパーホテルのビジネスモデルで、最も特徴的なのは「ベンチャー支配人制度」でしょう。3年契約で支配人・副支配人を募集し、その間に独立開業などの夢を叶えるための「資金」と「経営ノウハウ」を手に入れてもらう。店舗の8割がこの制度で運営されているのです。私は人に喜んでいただくことで利益を生むホテルこそ、サービス業・ホスピタリティ産業のトップだと考えています。その現場で働く支配人にスーパーホテルの理念を浸透させ、また店舗運営のサポートを通して、より多くのお客さまを笑顔にする。そんな仕事に誇りを感じています。

コンサルタント部
課長代理

白井 伸一

2011年入社