02. より大きな使命を負って

 過去20年以上に100を超える店舗を作り出す中で培った、経験とノウハウを凝縮したデータベースを活用し、コンサルタント本部が土地診断を行う。「周辺にある企業数や工場の規模」「飲食店やコンビニの店舗数」などのデータから、どうすればビジネスが成り立つかが数値で導き出されるのだ。さらに、コンサルタントたちは現地に赴き、その眼で、脚で、感性で、土地を分析する。競合ホテルに宿泊し、外観・内装に始まり、サービスや朝食の内容まで事細かくチェックする。

 情報と生の感覚をすりあわせた先に、その土地にあるべきスーパーホテルの姿が見えてくる。

 客室数やスタッフ数が計画され、建設企画部にバトンが渡ると、業者が選定され、建築がスタートする。コンサルタント本部のスタッフは、周辺企業や商店を訪問し、広報・営業活動を行う。研修センターのトレーナーが、店舗スタッフの教育を始める頃には、新店プロジェクトは大詰めを迎えている。

 こうして全部署が一丸となって、新たなスーパーホテルを誕生させるのである。

 競合ホテルが一店舗も出店していない土地。

 そんな土地にも、スーパーホテルは積極的に出店を行ってきた。例えば「交通を調査すると、少し離れた工業地帯へのアクセスが便利な土地である」というケースだ。そういう土地であれば、出張や営業で工業地帯を訪れるビジネスマンの利用が見込める。ホテルを利用するビジネスマンが増えれば、徐々に飲食店や商店も出店する。スーパーホテルの出店が起点となり、街が賑わい、結果的に競合も進出を行ったという土地がいくつもある。

 そういった実績を踏まえ、現在では、企業や観光に乏しい土地にも出店を行うことも多い。スーパーホテルが街おこしの起点となる、と自治体から出店の要請を受けることも増えてきたのである。スーパーホテルの持つ価値が、規模と歴史と共に、変容している。

 スーパーホテルを中心に、街が発展する。提供できる価値がより大きくなることで、喜んでいただける人の数も圧倒的に増えていく。

 スーパーホテルは、新たなステージに歩みを進めているのである。


01. 大きな夢に向かって

03. 地域と共に、世界と共に

他のプロジェクト

新規事業開発