泊まって、感じて、Lohasっていいね スーパーホテル

スーパーホテルの有機JAS認定野菜使用のサラダ

イメージ

認定事業者が生産した野菜です

有機JAS野菜は、単年作物は植え付け前の2年以上、多年作物は最初の収穫前の3年以上、化学肥料や農薬の使用を避けることを基本とし、堆肥などで土を耕した田んぼや畑で生産された作物の内、国が定めた有機農作物の規定に従って、認定事業者が生産した野菜です。

有機野菜の特徴

有機野菜の特徴は以上のように、土が汚染されていない状態で育てられた野菜ということです。土が汚染されていなければ、微生物が土のサイクルを作り、結果的に良い野菜を作り出します。土が死んでいれば、そこに栄養はなくなってしまいますから、栄養素として化学肥料を使い、それでは弱い野菜になってしまうため、農薬で守るわけです。悪循環が続いてしまう部分を根本から見直したものが有機野菜ということです。

ビタミンCが豊富

農薬や化学肥料を使った野菜では中身が完全にならないまま成長してしまいますが、有機野菜の場合は、自然の流れのままゆっくりと栄養を蓄えていくため、普通の野菜とは栄養素の含有量が違います。

ミネラルが豊富

土が健康であれば、微生物が活発に活動しているため、土に通気性が出てきます。根ものびのびと育ち、栄養素の高い土から多くのミネラルを吸収して育ちます。

野菜の産地情報を公開しています

スーパーホテルで使用している野菜はすべてJAS認定を受けている生産者から仕入れたものを使っています。季節により、サラダの内容や生産地が変わります。(右図のように本日のサラダの内容をお知らせしています。右図はサンプルです。)
※一部店舗を除きます。

スーパーホテルオリジナルドレッシング