スーパーホテル

モバイルサイト

ぐっすり眠れるLOHASホテル

no data

食事処:洋食 ヨシカミ 詳細

「旨すぎて申し訳ないス」なんて洒落の効いたキャッチ-なコピーで可愛いコックの看板をお店の正面に掲げる洋食店【ヨシカミ】さん。自信満々です。黄色い看板に煌々と明かりに照らされ、吸い込まれるように入ってしまいます。味は昔ながらの洋食の王道まっしぐらな感じで、懐かしさの溢れる優しい味です。行列が出来ることが多く、古くから浅草で愛される老舗の洋食店。

  • 平均予算:1500円〜3200円
  • アクセス:当ホテルから徒歩5分 六区ブロードウェイ沿い
no data

食事処 すき焼き:ちんや 詳細

創業130年の老舗のすき焼き専門店。

肉は霜降りの極上厳選肉、質の良いダイレクトな旨さ溢れる赤身から選べるコース各種あります。秘伝の割り下に伝統の匠の技、趣のある店内、個室には歌川芳虎の「英吉利人」(イギリスじん)の作品。個室毎に担当がつき、目の前ですき焼きを美味しく作ってくれます。牛脂をひいてからまず葱(千住葱)を焼き香りが食欲を引き立てる、作り方は関東流、関西流をミックスさせたオリジナルの「ちんや流」。自家製の佃煮も◎。極上肉を割りしたからすくい、溶き卵にくぐらせる。日本に生まれて本当に良かったが、ここ『ちんや』にありました!雷門からは徒歩30秒の名店。

  • 平均予算:3,800円〜12,000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩7分 雷門通り沿い
no data

浅草 観光 屋形船:あみ晴 詳細

隅田川を屋形船でくるりと巡ってレインボーブリッジや隅田川にかかる16の名橋を眺めながら天ぷら食べ放題&飲み放題で浅草観光。満員でない場合は当日1時間前まで予約OK!2名から乗り合いで乗船可能です。人気の船宿あみ清。天気の良い日に船窓から見る景観と船上で食べるグルメにほっこりです。

  • 平均予算:★【貸切】平日16名・金土日祝は18名以上で1名/10,500円〜★【乗合船】2名〜 1名/8,400円で2時間コース
  • アクセス:当ホテルから徒歩15分(駒形橋すぐ。都営浅草線浅草駅A2 徒歩2分)
no data

食事処 すき焼き:浅草今半 詳細

伝統の美味こそ、最高のおもてなし。創業明治28年、味への拘りが伝統を生み、100年経った今では今半の『すき焼き』『しゃぶしゃぶ』浅草は勿論の事、日本の味として親しまれています。極限の旨いを究極のもてなしで喰らう名店。

浅草にある今半本店、今半別館、浅草今半とすべてルーツは同じで異なる名店を楽しんでみては如何でしょう?

  • 平均予算:昼1500円〜夜5000円〜
  • アクセス:当ホテルから徒歩6分国際通り沿い
no data

食事処 すき焼き:今半本店 詳細

1895年創業、「今半」の発祥店。浅草今半・今半別館・人形町今半、代々木今半すべての発祥のお店です。百余年に受け継がれた伝統の割り下で喰らう和牛肉。油っこくなくあっさり味のすき焼きです。歴史を刻む奥座敷は個室を含めて9室あります。きめ細かな和牛のメスを中心とした肉に秘伝の割り下は、単品で注文可能です。

  • 平均予算:2000円〜5000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩5分、新仲見世通り
no data

食事処 焼き肉:江戸前焼肉 岡本 詳細

浅草において最も旬で粋なの焼肉店、「江戸前」の看板を掲げ、抜群の旨い肉で驚異のリピーター率!【江戸前焼肉 岡本】追加注文お断り、一番最初にしか食べられない掟付きの看板メニュー『熟成ロース』の美味は想像を絶する旨さ。芝浦から仕入れた食材に職人が調理、寿司屋の作りの店内で「江戸前」で喰らう和牛専門店。あまりの旨さに「ぎゃふんっ」と一言。

  • 平均予算:3000円〜(各種お得なコース有り)
  • アクセス:当ホテルから徒歩4分 メトロ通り沿い
no data

食事処 蕎麦:十和田 詳細

下町浅草、粋な蕎麦屋。暮坪そば950円。漫画『美味しんぼ』より海原雄山を唸らせ究極の薬味として絶賛された『幻のかぶ』を使用した暮坪そばは絶品。辛味大根とは異なり、土の香りと山葵の様な辛味とかぶ独特の滋味がおろしになり蕎麦と絡むとほんっとうに旨い!大盛りは150円増し。席数約70席 40名の宴会席もあり、浅草人気の振袖さんを呼んでの美味しく楽しい宴会を楽しむことも出来ます(要予約)。おかみさんの下町人情話も面白いが、趣味の海外旅行の話で大笑い。江戸っ子で粋なおかみさんが仕切る評判の蕎麦屋がココ『十和田』大きなお店ですので、すしや通りを歩いていればすぐ見つかります。人気の青森の厳選素材にこだわった一品料理、暮坪そばに舌鼓。

  • 平均予算:800円〜1,500円 宴会5,000円(他、振袖さんが呼べる)
  • アクセス:当ホテルから徒歩7分。すしや通りにあるお蕎麦屋さん♪
no data

食事処 和食:むぎとろ 詳細

むぎとろが名物の和食の老舗、浅草「むぎとろ」さん。ランチは比較的リーズナブル。薬膳や季節毎の旬の素材を使用した各種の御膳も絶品。この素敵な「とろろ」をココまで全面に押し出した料理の数々には驚くと同時に感動する味わい。店内の係の方の心配りのある接客もスマートで美しく、嬉しい。各種和菓子も1階で販売してます。

  • 平均予算:[夜] ¥8,000〜¥12,000  [昼] ¥1,000〜¥3,500
  • アクセス:当ホテルから徒歩8分 馬道通りを駅方向に進み、江戸通りに進み、浅草通り手前
no data

食事処 江戸前天丼:まさる 詳細

丼から はみ出た車海老が食べてくれと誘う、そんな江戸前天丼で最高峰のお店、天丼『まさる』さん。ゴマ油で揚げる天丼が多い浅草にて、江戸前天丼にこだわる隠れた名店です。【旨い天丼ここにあり】の、旗をなびかせ売り切れ必死!入れたら奇跡です!広くない店内ではあるものの、ご主人が案内の一切をしてくださり、昭和の歴史なる雑誌を嬉しそうに読みなさいなんて言って渡す姿が可愛いそんなお店。

  • 平均予算:3500円〜4800円
  • アクセス:当ホテルから徒歩5分 新仲見世裏通り
no data

食事処 天ぷら:三定 詳細

一に浅草、二に観音、三に三定の天ぷらで有名な雷門のすぐ目の前。天ぷら三定さん。すこし値段は高め。大かき揚げはなんと4,500円。想像できません。こちらのお店は天保8年創業の老舗です。天ぷらの衣はもちっと系で、好みが分かれるところ。雷門付近で急に天ぷらが食べたいと感じた時こそ、入ってみたいそんなお店です!

  • 平均予算:1,300円〜3,000円
  • アクセス:ホテルから徒歩5分 雷門右手すぐそば
no data

食事処 天ぷら:大黒家 詳細

浅草で天麩羅といえば一番に気になるのがやっぱり大黒家さん。きつね色の天ぷらはゴマ油だけを使用しているこだわりの1品。実は天ぷら以外にも酢の物、お吸い物も絶品。来たからには食べたい、明治創業、濃厚な甘辛いタレが食欲をかき立てる!

  • 平均予算:1,500円〜2,500円
  • アクセス:当ホテルから徒歩4分 伝法院通り沿い
no data

食事処 うなぎ:初小川 詳細

それはもう本当に綺麗でとても品のある素敵な美人女将の案内で入店、「お待たせしました、どうぞ」なんて緊張しました「初小川」。レトロな趣のある店内の照明はやや暗めで裸電球が煌々と歴史を感じさせます。少し待ち時間がありますが特に「肝焼き」や「吸い物」など美味です。白焼きと山葵の好相性を楽しみ、続いてうな重を食す。身がしっかりしまった上でのこの「とろっとやわらか〜いふわふわうなぎ」に暫し言葉を失う旨さ。絶対にまた来たくなる!そんなお店。

  • 平均予算:1500円〜3000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩10分 雷門通りを越え、雷門2丁目中ほど
no data

食事処 うなぎ:色川 詳細

生粋の江戸っ子いなせな6代目主人の江戸前うなぎ。「おっと、あんたそいつは山椒をかけ過ぎだぜ」なんて粋なやり取りも。しかし、焼き場の主人がそっと繊細に優しくうなぎを扱うその様は素敵。主人の魂が宿るウナギはうま味を封じ込め、脂の乗り具合も格別、食べると決まれば一日が幸せ、そんな浅草「色川」さん。

  • 平均予算:2000円〜3000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩10分 雷門通りを越える
no data

食事処 うなぎ:小柳 詳細

渾然一体の鰻重に舌鼓。老舗といわれるお店が多い中うなぎの「小柳」さんは趣のある古い民家のような佇まい。なんとNHKの朝の連続ドラマ「こころ」の舞台になったお店。タレは主張がやや強い甘めのタレ。身は柔らかくふっくら焼き、これが浅草小柳の味。下町から愛される、食ツウをとりこにしてきた味に納得の1品です。

  • 平均予算:1470円〜2100円(うな重単品)その他つまみ各種420円〜
  • アクセス:当ホテルから徒歩7分 浅草中央通り沿い
no data

食事処 とんかつ:はせ川 詳細

あっつあつのとんかつを出してくれる浅草老舗のとんかつ料理の専門店。ランチは850円から1400円、夜は900円から1500円くらいでボリューム味ともに申し分なし。店主は職人気質の腕に味に自信あり。浅草ならでは手ぬぐいを捻り頭に巻くスタイルが格好いい!夜22時までの営業です。おなかいっぱい食べて、瓶ビールできゅっと一杯、明日への糧となる元気を頂けます。食べ終えた後の満足感は120点満点♪

  • 平均予算:ランチ850円〜1500円 夜1000円〜2000円
  • アクセス:当ホテルから道を馬道通りを挟んで正面向かい手、徒歩2分
no data

食事処 柳川鍋:どぜう 飯田屋 詳細

伝統の妙技で美味を丸ごと喰らうなんて柳川鍋の醍醐味を存分に堪能できます。こちら「どぜう飯田屋」さん、なんと若旦那が下足番、この心遣いは嬉しいところ。どじょうは井戸水で臭みを取り除き、110年に渡る伝統の技と受け継ぐ醤油で絶品の柳川を食せます。低カロリーかつ、高い栄養価にも注目です。

  • 平均予算:2500円〜4000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩8分、国際通りを越えて合羽橋通り手前すぐ
no data

食事処 お好み焼き:浅草もんじゃ ひょうたん 詳細

すべては自分の腕次第の『自分焼き』!江戸もんじゃひょうたん。もんじゃ焼きの専門店です。店名の通り、店内外に至る所にひょうたん。素材はしっかり大盛りのもんじゃ具ですので、まず好みを選んで注文したら、しっかり美味しい焼き方を店員さんに聞きましょう!彼女と行く際には、勢いよく、大胆に・・・そう男らしく土手を決壊させましょう。もんじゃ焼きはあくまでおやつ感覚で楽しみながら食べれるのが良いですね。浅草に来た際にはぷらっと寄ってみるのも良いですね。

  • 平均予算:1500円〜2000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩5分、仲見世通りから浅草中央通りの間あたり
no data

食事処 お好み焼き:穂里 詳細

浅草3代、創業より28年の老舗お好み焼き屋。変わらぬ美味しさ、とにかく旨い!もんじゃを心から愛するご主人は焼き方からその歴史まで、熱くそれは熱く語ります!美味しいものが食べたければだまって待つ。昔ながらの懐かし味をご賞味あれ。

  • 平均予算:650円〜1500円
  • アクセス:当ホテルより徒歩5分程度 すしや通り沿いにあるもんじゃ焼き、お好み焼きの専門店
no data

食事処 お好み焼き:もんじゃ焼き つくし 詳細

浅草もんじゃ、発祥元祖のお店。『つくし』浅草にきたらもんじゃはつくしと言うくらいの人気店。多くの著名人、芸能人が愛する老舗もんじゃとして土日には行列ができる。店内はテーブル席4席とカウンター5席、座敷2席(4名用)のみ。一番人気は「つくしもんじゃ」900円。具は大きめ、ゴロゴロっとしていて中に『たくあん』が入っているのが大きな特徴。下味が着いているので安心。これは納得美味しいです。かわってお好み焼きは生地がふっくら、久しぶりに『旨い店』に出会えました。

  • 平均予算:1,000円〜3,000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩4分 伝法院裏手通り沿い 向かいの『もつくし』さんとは姉妹店
no data

飲み処 BAR:神谷バー 詳細

「一人になりたい夜もある」なんて一歩はいればそこは大正ロマン。下町情緒と活気の溢れる、浅草の老舗「神谷バー」。洒落たバーカウンターでカクテルグラスを傾けるなんてお店ではなく、わいわいと人気の洋食メニューやデンキブランにビールを片手に楽しく飲める名店です。レトロな店内入り口で食券を購入するなんて昔ながらのスタイル、追加はテーブル会計ですので安心です!

  • 平均予算:1500円〜3000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩5分 馬道通りを浅草駅方面に進み、浅草1丁目交差点角
no data

浅草 飲み処 酒肴 : DINING & BAR 浅草 ORANGE - ROOM 詳細

DINING & BAR 浅草 ORANGE - ROOMさん。浅草にて界隈は早く店じまいするお店の多い中、ココ六区通りでは深夜営業が多いお店が並びます。暗めに落とした暖色照明が落ち着いた雰囲気を醸し出している居心地の良い店内。店内装飾もエレガントです。可愛い彼女や素敵な奥様と是非一度飲みに行きたいお店。オレンジルームの最大の特徴は、デザートがすこぶる旨い事、パティシエが仕上げるガトーショコラには感動。辛口の白ワインやシャンパンとの相性も◎。

  • 平均予算:2500円〜4000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩8分程度(浅草六区通り沿い)
no data

飲み処 カフェ :浅草カフェ La Grande Calice  詳細

嬉しい朝5時までやっている浅草は隠れ家風、お洒落カフェ「浅草カフェ ラグランドカリス」。赤で統一された外観、店内インテリアがとてもお洒落で女性のお客様でも気軽に入れる素敵空間。りんごのお酒シードルのカクテルが充実しているのが特徴であり、また食事がフレンチをベースにしているので美しく可愛い盛りつけで、もちろん味も◎。デザートメニューがこれまた美味しいので、閉店時間の早い浅草界隈での食事後や飲んだあとのもう1件で使うのも最高です。

  • 平均予算:1500円〜4000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩5分 六区ブロードウェイ沿い
no data

飲み処 おでん:丸太ごうし 詳細

「いつも春 丸太ごうしの 酒の酔い」これぞ、浅草の香り、伝統の味、創業86年「丸太ごうし」。江戸っ子で粋な大将は口は悪いが面白い。おでん専門、季節の酒肴、ユーモアのある【おでん種】のニックネームなど行きつけにしたいお店ですね。ちくわぶのニックネームは『二人仲』。あつあつでとろけるようですね。

  • 平均予算:1500円〜3000円
  • アクセス:当ホテルから馬道交差点方向に徒歩30秒
no data

居酒屋 炉端焼き:たぬき 詳細

素材の鮮度と女将のトークが抜群!店の入るとそこは洞穴、完ぺきな炉端焼きパラダイス。一面の野菜魚介が美しく並ぶ。一面の黒色のごつごつの岩の間には至る所に『タヌキ』の置物があり雰囲気抜群、女将の粋なトークさく裂です

  • 平均予算:2500円〜3000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩3分、伝法院通り入り口
no data

居酒屋 煮込み:とん平 詳細

キムチポッカでほっこりあったか宵の酒。公園本通り、通称『ホッピー通り』の人気居酒屋『とん平』さん。連日、サラリーマンやカップルが多く、人柄の良い気さくなスタッフが一日の疲れを吹き飛ばすイイ接客をしてくれる、アットホーム居酒屋。キムチ系煮込み料理、絶品『キムチポッカ』が食べられるのは浅草でココだけですね。

  • 平均予算:1500円〜3000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩4分、公園本通り
no data

居酒屋 煮込み:正ちゃん 詳細

あの「きたなシュラン」で三つ星を獲得した。創業59年の浅草居酒屋、ご夫婦で営む煮込み料理の老舗。一見「海の家」の様ですが59年間継ぎ足し続けた煮込みは絶品。とろける食感で常連さんは「ごはん」を注文しかけて食べるのが「正ちゃん流」なぎら健一さんも良く来るという浅草の名店。店頭には「とんねるず」さんから進呈されたきたなシュラン像と三つ星の賞状があります。大変リーズナブルですので、好きなモノを頼んで食べましょう!!

  • 平均予算:1,000円〜2,000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩4分 浅草寺を抜けて浅草ウィンズの手前
no data

浅草 飲み処 酒肴:酒の大桝 雷門店 詳細

日本全国の旨い地酒が集まる浅草屈指の酒処。併設するBARは大変落ち着いたアダルトな雰囲気。地酒から珍酒まで素敵な店員さんの説明につい迷い悩むものの、飲めば納得、なるほど旨い。「とりあえず飲んでみる」これが出来るのが酒屋&バーの良いところ。「大桝だけの浅草3酒」なんてメニューもあり、純米・三社権現社(本醸造)に大吟醸・観音裏。各300円.

安い。

  • 平均予算:1000円〜6000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩5分程度(仲見世から1本脇に入った道)
no data

飲み処 酒肴:海峡 詳細

『伝説の唐揚げ』ここにあり!!浅草駅前において、シャンデリアが輝く洞窟風居酒屋といえばココ『海峡』さん。旨いモノ屋であり続けるをコンセプトにビストロ要素を取り入れお洒落かつ、旨いが沢山!体験すれば分かるその感動。しかし安いし旨い!副支配人がこよなく愛する居酒屋さんです!

  • 平均予算:2,000円〜3,000円
  • アクセス:当ホテルから馬道通りを徒歩4分 浅草駅そば
no data

居酒屋 酒肴:自雷也 詳細

気軽に1杯飲みに行きたいお店。オリジナリティー溢れるメニューとマスターの人柄の良さに是非浅草の行きつけの店にしてみては如何でしょう。お客様をみて料理の量もアバウトに決める。そんな心遣いにぐっとくる。納豆メニューが豊富。

  • 平均予算:一人2000円〜3000円程度で 満たされます
  • アクセス:当ホテルから徒歩20秒 
no data

居酒屋 酒肴:もつくし 詳細

「男は黙ってメガジョッキ」浅草をぷらりと伝法院通りを歩いている時に「レバ刺し」あります!の声。コチラが伝法院裏手になる浅草『もつくし』です。屋台が並ぶ通りの一番手前。一見これは海の家?と錯覚する。営業時間は23:00まで。お高いお食事処が多い浅草ではありますがココ『もつくし』さんは向かいにある『つくし』さんの姉妹店。可愛い女性ばかりのスタッフで頑張るB級グルメ優勝メニューが次々にリーズナブルに食べれます。旨い、安い、早いっ!

  • 平均予算:2,000円〜4,000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩4分 伝法院通りから奥山おまいりまちに入る道沿い
no data

食事処 洋食:フレンチ ナポレオン 詳細

路地裏で出会う感動的野菜フレンチ。最高峰の資格『シニア野菜ソムリエ』の紡ぐ、感動的に美しい立体的な盛りつけ、小粋なフレンチが必ずや浅草の楽しみの一つになる事、間違えなし。当ホテルスタッフ大絶賛の極上フレンチ。旬の新鮮野菜をふんだんに使用し、アレンジの妙はもう言葉を失う程の美しさ。可愛い彼女や素敵な奥様を連れて一度行けば忘れられない感動が待っています!!

  • 平均予算:1500円〜3000円
  • アクセス:当ホテルから言問通りを徒歩4分、5656会館裏手
no data

食事処 洋食:イタリアン カプチノ 詳細

リストランテ カプチノさん。浅草創業43年の老舗イタリアン。日本人の味覚に合わせたアラカルト。コース料理はないので気軽に食べたい料理を注文出来ます。メニューはオリジナリティーが溢れ、スパゲティ9種(ほうれん草を練り込んだパスタが人気)1000円〜1200円、肉料理、ピザ、サラダ、セカンドの「エビのカシャトレ」1800円、自家製ソーセージもフェンネルが香る絶品。食べ方は「茹でてトマトソース」か『焼いて粗挽きマスタード」どちらかお好みで♪1500円

  • 平均予算:3000円〜5000円程度
  • アクセス:当ホテルから馬道通り沿いを徒歩30秒
no data

食事処 洋食:フジキッチン 詳細

オレンジの看板とレトロでモダンな浅草の洋食屋といえばフジキッチン。古いアメリカ映画のセットの様な店内はやや狭く、席数が少ないので混雑しがち。旨いモノは並んでも食べたい!なんて方はコチラのお店がお奨め!決して奇は狙わず、基本に忠実にやってんだというご主人の作る『ビーフシチュー』がとにかく旨い。皿は洋食屋の平皿にお肉は山の様に連なる。浅草に数ある老舗の中でもトップクラスの味です。店内の暖かな暖色系の照明にもほっとします!浅草創業60年の老舗。

  • 平均予算:1250円〜3500円
  • アクセス:当ホテルから徒歩5分 雷門すぐそば、仲見世通り裏道沿いにあります。
no data

食事処 洋食:レストラン大宮 詳細

入り口をはいると暖かみのある暖色系の照明と洒落た内装が素敵な店内。ランチタイムは比較的にお得にランチメニューを堪能できます。フランス料理がベースになっている感じの洋食屋さんです。ランチのメニューもメモらないと覚えられない長さのネーミング。何かと聞いてみるとオーナーさんはフランスで修行をして現在も現役にこだわり、『旨くてご飯に合う洋食』をと日々進化を続ける浅草のニュースタンダード!!丸ビルにもお店をオープンしています。

  • 平均予算:3000円〜6000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩4分 伝法院通り沿いにあります
no data

食事処 洋食:モンブラン 詳細

浅草に住んでいる人はモンブランはケーキじゃなく「ハンバーグ」です。鉄板焼きのためあっつあつのハンバーグが出てきます。鉄板が熱いので細心の注意を払う必要があります。決して肉汁溢れるハンバーグではなく、肉の旨味を凝縮した手ごねハンバーグといった感じです。店内には多くの著名人のサインがあり、雑誌、テレビの取材の多い店。芸能人からの評判は上々です

  • 平均予算:1000円〜2000円
  • アクセス:当ホテルから徒歩8分 雷門通り沿い
no data

食事処 中華:つけ麺工房浅草製麺所 詳細

製麺所ならではの麺のコシ、これぞ『つるつるしこしこ』!つけ麺の替え玉は150円でおかわり無料。1〜3玉まで1回に追加で注文OKです!!麺は選べるノーマルな『白麺』。と唐辛子を練り込んだ劇的に辛い『赤麺』の2種。毎日通いたい、いや今すぐ食べたい。そんなつけ麺の専門店です。店頭には製麺スペースが有り、麺が出来ていくのを楽しみながら、1杯如何でしょう?支配人の満腹中枢を激しく刺激するそんなお店。夜も遅くまで営業しているのでシメの一杯でしたらコチラッ!!!

  • 平均予算:800円〜1500円
  • アクセス:当ホテルから徒歩2分 言問通り沿い馬道交差点の角
no data

食事処 中華:ハッスルラーメン ホンマ 詳細

じゃあ今日はハッスルする?が浅草の粋といわれているかは定かではないものの、コチラ馬道交差点ラーメン激戦区にて当ホテルのアテンダントスタッフと副支配人を唸らせる背脂系の激旨ラーメン店です。昨今、高価格のラーメン屋の多い中、なぜか値下げを断行する頑張り屋です。ここまで美味しいと確かに殿堂入りも頷けます。満足度120%。

  • 平均予算:550円〜800円(安くて旨い)
  • アクセス:当ホテルから徒歩3分、馬道交差点越えてすぐ右手
no data

食事処 中華:与ろゐ屋(ヨロイヤ) 詳細

グルメ激戦区、浅草におい和風らーめんといえばココ『与ろゐ屋』さん。日本醤油ラーメン発祥の地、浅草の老舗です。テレビや雑誌の取材も多く、素材にこだわった一品を堪能出来ます。スープは各種あり、醤油は節系あっさり柚がアクセント。

  • 平均予算:800円〜1300円
  • アクセス:当ホテルから徒歩4分、伝法院通りと仲見世の交差点付近
no data

喫茶店:アンヂェラス 詳細

手塚 治虫をはじめ、池波正太郎や川端康成などの文豪を虜にさせた浅草純喫茶「アンジェラス」、人気の水出し珈琲、ダッチコーヒー。ケーキは懐かしい感じで昔ながらの味わい。とても落ち着く店内に素敵な案内の店員さん。ダッチコーヒーの注ぐ様は一見の価値有り。文系の聖地と呼ばれる、浅草に来たら一度は寄りたい純喫茶。

  • 平均予算:600円〜1,200円
  • アクセス:当ホテルから 徒歩6分 オレンジ通り沿い
no data

甘味処:鉢の木 詳細

創業28年。一見すると高級料亭かと思ってしまう門構え。趣のある佇まいの外観。風情のある甘味処、浅草の喧噪の中ゆっくりとした時間をすごせる浅草の名店。仲見世通り、浅草駅にも近い中間の立地にあるのでちょいと粋に甘味処で一休みしたい時に寄りたいお店。店内は喫煙と禁煙で席が離れています。店中央にはカウンターがあり内側で甘味をつくる若旦那がすごく格好いい方ですので是非一度お試し下さい!

  • 平均予算:700円〜900円(甘味はあったかい緑茶付き)
  • アクセス:当ホテルから馬道通りを駅方面に徒歩3分 メトロ通りの間にあります
no data

甘味処:舟和 詳細

やっぱり甘味がたべたい。100年以上の歴史ある名店『舟和』(ふなわ)。みつ豆、芋ようかんは浅草随一の美味しさ。喫茶(甘味のイートイン)があり、頂きました!浅草土産に1Fで買うも良し、我慢できない方は2〜3階の喫茶へどうぞ!!素敵な浅草散策の一休みに舟和のあんみつで舌鼓。黒蜜は黒糖の香りが強く甘さは控えめ、1センチ四方の綺麗な寒天に流れ絶妙マリアージュ。なるほど浅草一のみつ豆がここにありました!

  • 平均予算:600円〜1,000円程度
  • アクセス:当ホテルから徒歩6分 新仲見世通りからオレンジ通り沿い角、
no data

食べ歩き:移動販売 ヨモギのあんこ、浅草焼き 詳細

ちょんまげ頭に天秤棒。「浅草焼き」を販売するナイスガイを発見です。浅草散策の際に希に見かけていましたが、遂に目の前に遭遇。感激のあまり購入しました。ふたつ買ったお礼にとこの後、天秤を担がせてもらいました。重すぎて片方しか上がりません。

  • 平均予算:200円/一個
  • アクセス:当ホテルから、浅草散策の際に出会うことが出来ます。
no data

食べ歩き:浅草九重(ここのえ)の揚げまんじゅう 詳細

揚げたてアツアツの揚げまんじゅうを1個から!

中身がこしあんのスタンダード揚げまんじゅうから限定のさくらあげまんじゅう、中身がとろりと美味しいカスタードあげまんじゅうなど、甘いが何個でも食べられちゃう浅草仲見世通りの人気店です。前向きすぎてフライング気味の売り子さんは話しているだけでも楽しく浅草寺に来たらまず外せないお店。

  • 平均予算:500円未満
  • アクセス:当ホテルから浅草寺側より仲見世通りに入って三軒目。
no data

食べ歩き:浅草メンチ 詳細

できたてホヤホヤ、あつあつフウフウ

しっかりと味がついているのでまずはそのままパクリ。アッツアツの出来たてですのでハフハフとしながら食べられます。肉汁もジューシーな程に閉じ込められていてそのままガツガツ食べられてしまいます。僕はメンチカツ毎日食べてますYOという雰囲気の売場のお兄さんの接客もGOOD!

  • 平均予算:500円未満(1個180円)
  • アクセス:当ホテルから伝法院通りに入り、仲見世通りを越えた右手すぐ
no data

食べ歩き:楓(かえで)浅草本店の五平餅 詳細

もうアレもコレもと食べたくて、お腹がいっぱいなのに・・・もう1本っ!

みたらし団子や海苔団子は焼き上げた香ばしい焦げの醤油の味がまた格別でたまらない美味しさ。よもぎ団子にこしあんがたっぷりついた団子や三色団子は、柔らかくモチモチした食感でどちらも捨てがたく毎日食べたい。また土日祝日限定で販売される五平餅やぽたぽた餅なども加わると、もうどれにしようか悩む時間すら惜しいほど全部買って全部食べる!と、もう止まらない味わい

  • 平均予算:500円未満
no data

食事処 中華:うりんぼ 詳細

豚骨のうま味と甘みに感動。言問通り交差点、角「黄色い看板」が目印のガツンと濃厚なトンコツがウリの人気ラーメン店『うりんぼ』。浅草の宵の酒。最後にしめたいラーメン店。店内に漫画本があるのもこの界隈ではココだけですね♪店長さんもとても気さく。替え玉もついつい頼んでしまうんですよね。お気に入りのラーメン屋はとんこつラーメンうりんぼで決まりっ!!

  • 平均予算:22席(T4席、カウンター7席)
  • アクセス:当ホテルから馬道通り沿い、徒歩1分 言問通り交差点手前
no data

食べ歩き:浅草シルクプリンのプレミアムシルク 詳細

シルクの名のように、絹のような滑らか食感。濃厚なプリンは強いタマゴと生クリームが口いっぱいに広がります。まず、ひとつ食べれば、次々に食べたくなる。そんなプリンです。容器が大変可愛く、色も様々なフレーバーによって異なりますので楽しく選べます。イートインとして、店の前のオープンテラスで食べることも可能。

  • 平均予算:300円〜500円
  • アクセス:当ホテルから徒歩6分 浅草雷門近く
no data

食べ歩き:元祖木村屋人形焼本舗の人形焼き 詳細

見た目にも楽しめるしお土産としても喜ばれ、食べても美味しいと三拍子!

薄皮の中にギッシリと詰まった餡。店頭で職人さんがその場で焼き上げた出来たてほやほやの温かい人形焼きはお土産でいただく人形焼きとはまた違って優しい温もりを感じます。ひとつ頬張ると小豆の甘い黒餡の味わいが広がって、すっきりとした甘みが後味として残り何個でも食べてしまえそうな美味しさ。

  • 平均予算:500円〜
no data

食べ歩き:亀十(かめじゅう)のどら焼き 詳細

ご存じ亀十のどら焼きと言ってしまっていいほどに人気のどら焼き。

ひとつひとつ手作り手焼きのどら焼きでふっくらとした生地に十勝産の小豆がぎっしりと詰まっています。しっかりと届く甘い餡とバランスの取れた生地の相性が大変素晴らしく、ひとつ食べ終えた後の満足感は甘党の私をも満たしてくれます。普通の黒餡の他にも白餡のものもあり、人気店であってもその場で気軽に1個買うこともできます。一度は食べて頂きたい極上のどら焼きのひとつ。

  • 平均予算:500円未満
no data

食べ歩き:おいもやさん興伸のスイートポテト 詳細

焼芋のトロッとした部分を凝縮したような味わい。甘くとろけて美味しすぎ!

出来たてホヤホヤはまず美味し。帰りがけに思い出してもう一個頬張ります。さらにもう一個食べたいところを我慢してお家に持って帰って冷蔵庫で冷やしてもう一個。少し温めたものも一個。という感じで考えると最低でも4個は食したいこのスイートポテト。色々な食べ方を楽しめます。どの食べ方で食べたとしても共通するのは美味しいという事。甘すぎず、かといって甘さ控えめという訳でもなく不思議なくらいたくさん食べられてしまいます。

  • 平均予算:500円未満
no data

食べ歩き:浅草満願堂 本店 芋きん 詳細

できたてホヤホヤのあったか芋きんは止まらない旨さ!

仲見世などで結構甘いものを食べ歩きした後でも美味しい匂いに誘われてフラフラと寄ってしまいたくなるくらいキュンとくる東京浅草・満願堂の「芋きん」人気店です。小麦粉と焼き芋粉を薄く伸ばした四角形に芋が包まれていて皮のモッチリ感と黄金色に輝く芋の優しい甘さが味わいが合わさって・・・。まさに至福。オイモ本来の旨さがギュ〜っと詰まった味わいです。

  • 平均予算:500円未満
no data

食べ歩き:野菜のおやき&かりんと饅頭 詳細

もうお店の名前がそのまんまのです。

「野菜のおやき」と「かりんとうのお饅頭」が人気のお店。野菜のおやきは野菜たっぷり入っていてホクホク、ホカホカ、あったかおやきは懐かしい味わい。かりんと饅頭はカリッとした外側にしっとりした黒糖の生地、そして甘いこし餡がベストマット。出来たてのものは出来たてで食べるように作られているのでその場で、もしくはできるだけ早めに食べるのがミソ。

  • 平均予算:500円未満
no data

テイクアウト:おなじみのあんこ玉(舟和) 詳細

黒=小豆、白=白いんげん、緑=抹茶、赤=苺、黄=みかん、茶=珈琲と6種類の味を楽しめます。お店では1個からでも買うことができます。1個まるごとあんこのお菓子で甘みを抑えた自然な風味。餡をくるんだ寒天がぷちっと弾けて転がります!ってパクっといけます。定番の黒と白は外せませんが苺や抹茶も好きだし珈琲もみかんも捨てがたい・・・と結局毎回全種類購入しちゃいます。

  • 平均予算:500円未満
  • アクセス:新仲見世通りとオレンジ通りの角1階
no data

ビアガーデン:展望喫茶 アサヒスカイルーム 詳細

景観を楽しむのもよし。よく冷えた出来たてビールを満喫するもよし。

グラスに注がれたビールをイメージしたアサヒ本社ビルの最上階にあるビアガーデン。ケーキや軽食もあり喫茶としても利用できます。ここから東京スカイツリーがよく眺められる席は2箇所あるのですが、まず座れません。順番を待ちつつ「アサヒ スーパードライ」片手に浅草寺方面を眺めます。次は隅田川ブルーウィング・ヴァイツェン(地ビール)&隅田川方面と続きます。美味し!

  • 平均予算:1,000円程度
 [1] 2   >>NEXT