スーパーホテル

モバイルサイト

ぐっすり眠れるLOHASホテル

スーパーホテル福島・いわき

スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズ
スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズは、福島県いわき市常磐に所在する、大型温水プール・温泉・ホテル・ゴルフ場からなる大型レジャー施設である。

〒972-8326
福島県いわき市常磐藤原町字蕨平50

アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま

浜通り南部の太平洋に面した小名浜港第2号埠頭(いわき小名浜みなとオアシス・アクアマリンパーク内)に立地する。「海洋科学館」や「環境水族館」という名目のごとく、観光施設の要素に加えて教育施設の側面も持ち、水生生物の環境事業も行っている。そのため施設内にタッチングプールや展示物を設け、水生生物保全センターを設置している。

愛称「アクアマリンふくしま」は、1998年に実施した全国公募の結果、応募総数4,722点の中から選定された。水族館 (Aquarium) と海洋博物館・科学館 (Marine Museum) の機能を併せ持った施設であることに因み、それぞれの英文字を簡潔に組み合わせた造語「アクアマリン」でまとめたもので、且つ強化ガラスのドーム屋根が、太陽光によって宝石のアクアマリンのようにきらきらと輝く様子にも因んでいる。またアクアマリンは航海の安全を祈る守護石でもあり、小名浜港に出入りする船の安全を守るシンボルとしての意味も込められている。

新潟県の新潟市水族館 マリンピア日本海と2007年(平成19年)11月23日に友好館提携契約を締結しており、情報交換や技術提携など相互間の協力が図られている他、いずれかの年間入場パスポートを所有している入館者に対する割引制度が設けられている。

〒971-8101
福島県いわき市小名浜字辰巳町50

いわき石炭・化石館

いわき石炭・化石館

1984年に開館。いわき市、特に本施設が立地する旧常磐市は、かつて常磐炭鉱の企業城下町として発展し、現在でも炭鉱の坑道跡を利用した温泉施設が有名である。また、いわき市内では多くの化石が発掘されることで有名であることから建設された。

館内は化石展示室と石炭展示室に大きく分けられる。化石展示室にはいわき市内のみならず世界各地の化石が展示され、地球の歴史を学べるようになっており、いわき市内で発見されたフタバスズキリュウの巨大な復元標本が展示されている。 『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画でTOKIOのメンバーが市内大久町で発掘した化石は当館に寄贈され展示されていたが、現在はいわき市海竜の里センターに展示されている。

石炭展示室は常磐炭田の歴史や採掘道具の展示などや、当時の炭鉱町の生活を復元したコーナー、抗口エレベーター、模擬坑道などが再現されており、当時の雰囲気を体感できる。この場所は映画『フラガール』の常磐炭田のシーンに使われた。

2010年4月22日、リニューアルオープン。同時に全国公募により愛称を「ほるる」とし、ロゴマークも新しくした。展示物の配置や照明などの展示の工夫、エレベーターの増設やバリアフリー化などにより以前より見学しやすい施設になった。また隣接する「ウッドピアいわき」では、フラガールなどで使用された台本や衣装などの展示を始めた。

〒972-8321
福島県いわき市常磐湯本町字向田3番地1

いわき・ら・ら・ミュウ

いわき・ら・ら・ミュウ

福島県いわき市小名浜の海の駅いわき小名浜みなとオアシス1・2号埠頭地区(アクアマリンパーク)にあるいわき市観光物産館のことであり、その愛称名。
いわき市の観光物産館として1997年7月25日にオープン。2階建ての施設で各階に飲食ゾーンやおさかなゾーン、物販ゾーンなどのゾーンが存在する。
施設正面に海産物店が並び、中央の入口を入るとお土産品店やレストラン、観光案内所などがある。レストランは2階にもあり、管理事務所は2階にある。また、西側入口付近はいわきデイクルーズの遊覧船の発着場所になっている。2階にある「ライブいわきミュウじあむ」ではいわき市の歴史や観光、都市交流などについて映像やパネルを使い無料で紹介している。
2011年3月11日に起きた東日本大震災での津波被害により1階部分がほぼ壊滅し、営業停止状態となった。その後復旧し同年11月25日にリニューアルオープン。施設外観はリニューアル前とほぼ変わりないが、1階に新たに東北最大級の子供向け室内型遊び場「わんぱくひろば みゅうみゅう」がオープンした。

〒971-8101
福島県いわき市小名浜字辰巳町43-1