スーパーホテル会長のごあいさつ

ロハス(健康と環境)を新しい価値提供とするホテルチェーンで顧客と社会を元気に。

イメージ
会長 山本 梁介

スーパーホテルグループは、ホテル事業を核に、介護事業、マンション管理業、人材派遣業、介護資格の専門学校、病院、薬局、太陽光発電所などを経営しております。どの事業もお客様へ喜んでいただき、感動いただけることを第一に考え、社会全体の発展と満足のために、お手伝いできればと思ってます。中核のホテル事業も、1996年に博多にスーパーホテル第一号店が竣工してから、全国で100店舗を超える棟数にチェーン展開し、2013年に念願だった海外への出店もできました。2009年には「時代を先取りする創造的な企業」として日本経営品質賞を受賞しました。これも、ひとえに、スーパーホテルをご愛顧いただいております、お客様とホテルのオーナー様、協力会社の皆さまのおかげでございます。代表して厚く御礼申し上げます。

スーパーホテルが廉価で高品質、顧客のニーズに応えたサービスを提供し続ける事が、私の願いであり、その実現に向けて、独自のビジネスモデルを基盤に、様々な工夫をこらしていきたいと思います。今後ともスーパーホテルの事業活動へのご理解と ご支援、ご指導の程、何卒よろしくお願い申し上げます。