ホテル周辺イベント

川越まつり

イメージ

川越まつりは江戸の天下祭(神田明神、赤坂日枝神社の各祭礼の総称)の影響を強く受けて発展し、祭で曳き出される山車の形も天下祭の流行を敏感に感じ取りながら変化していった。精巧な人形を乗せた絢爛豪華な山車が、小江戸川越の象徴である蔵造りの町並みを中心に、町中を曳行(えいこう)される。何台もの山車が辻で相対し、すれ違うさまは、そのスケールの大きさに、見物客を圧倒する。

日時 2019年10月19日(土)~20日(日)2日間
関連ページ https://kawagoematsuri.jp/index.html

ビール工房所沢

イメージ

ホンモノの“できたて生ビール”を飲んだことがありますか?醸造家たちが魂を込めて造った「工場出荷0日」のクラフトビールが楽しめます!

クラフトビール大国=アメリカには、「ビールに旅をさせるな」という格言があります。つまり、美味しいビールを飲みたければ、醸造所に足を運ぶべきだという意味です。ビール工房所沢創業者の能村氏が、数々のビアパブや醸造所のビールを飲み比べ、この格言を具現化したのが「ビール工房」。醸造技術を磨くには、とにかく経験が必要。大手ビールメーカーの醸造家でも、せいぜい年2回程度しか醸造できないところ、ビール工房所沢はなんと500回!技術の蓄積が違います。

日時 通年
場所 埼玉県 所沢市日吉町12-1 1F
アクセス 西武新宿線 航空公園駅より徒歩4分
関連ページ https://www.beerkobo.com/works/detail.html?id=86

川越百万灯夏まつり

イメージ

1850(嘉永3)年、城主松平斉典の徳を偲び、家臣の娘が軒先に灯籠を掲げたのが起源といわれる川越の市民まつり。川越の街に色とりどりの提灯が並ぶ。他にも、音楽隊などのパレードや「OH!通りゃんせKAWAGOE(おどり)・みこし」、川越藩火縄銃鉄砲隊演武などのイベントが行われる。

日時 2019年
場所 本川越駅周辺
アクセス 西武新宿線本川越駅から徒歩3分、JR川越駅から徒歩12分
関連ページ https://www.kawagoe.or.jp/natsumatsuri/

小江戸川越花火大会

イメージ

小江戸と称される風情あふれる町並が広がる川越市で、毎年夏に開催される花火大会です。スターマインや尺玉など、約6000発の花火が夜空を彩ります。お祝いなどのメッセージを読み上げてから打ち上げられるメッセージ花火も登場。有料の観覧席も設けられ、家族やグループでゆったりと花火を楽しめます。開催場所は年によって変わりますが、毎年会場周辺の道路はかなり混雑するので、公共交通機関を利用したほうがよいでしょう。

日時 2019年8月
場所 埼玉県川越市伊佐沼沼田町584伊佐沼公園
アクセス 交通 JR笠幡駅から徒歩約25分、西武新宿線新狭山駅北口から西武バス「かすみ野」行などで霞が関南病院入口バス停下車 徒歩10分、西武新宿線狭山市駅西口から西武バス「西武柏原ニュータウン」行でいるまがわ大橋バス停下車 徒歩20分、東武東上線鶴ヶ島駅西口から東
関連ページ http://www.koedo.or.jp/event-info/

小江戸川越春まつり

イメージ

小江戸川越に春を告げるイベント。 川越市内では、小江戸川越春の舟遊、縁日大会など、さまざまなイベントが開催されます。

日時 3月末~5月初旬
場所 埼玉県川越市元町2丁目4
アクセス 東武東上線川越駅(本川越駅)バス一番街周辺
関連ページ http://www.koedo.or.jp/

新河岸川桜まつり

イメージ

川越氷川神社の裏手、北側の新河岸川河畔には、「誉桜(ほまれざくら)」と名づけられる100本ほどの桜が、毎年春になると水辺を彩ります。

また、市内を囲むように流れる、新河岸川河畔のいたるところでも、桜の花や菜の花の、見事な景色を楽しむことができるのです。

日時 3月下旬又は4月上旬
場所 新河岸川河川敷
アクセス 西武新宿線「本川越駅」下車 徒歩約20分
関連ページ https://www.koedo.or.jp/event-info/spring/

成田山川越別院「火渡り祭」

イメージ

屋外にまきを積んでヒバで覆い、火を点じて行う修法を「柴燈護摩」と呼び、その上を歩いて渡る「火渡り」。元は山にこもって修行する修験道で発達した修法で、護摩を厳修した後に火渡りを行うと1年間は無病息災で過ごすことができ、所願が成就するといわれている。

日時 11月下旬頃
場所 埼玉県川越市久保町9−2
アクセス 本川越駅より徒歩15分
関連ページ http://www.kawagoe-naritasan.net/nen.htm