• 採用サイト2019
  • ENTRY
  • 新卒採用

1INTERVIEW

何度でも初心に返ることが、次のいいホテルをつくる。

平田 勇人2016年入社

コンサルタント本部 | 業務サポートグループ

EPISODE1

ホテルだけど、
ホテルじゃない。

平田勇人とスーパーホテルとの出会いは偶然で、合同説明会でのことだった。黄色い看板に、スーパーホテルの青い文字。派手な見た目に足を止め、説明だけでも聞いてみる気になった。しかし、説明会の最初に言われた一言で、平田は、ここでの仕事に大きな興味を抱くことになる。「スーパーホテルは、ホテルじゃない。私たちは、コンサルティングの企業です」。直接的にホテルを経営するのではなく、ホテルごとのオーナーと業務委託契約を結び、運営のコンサルティングを行うのが、スーパーホテルの仕事。肌で感じ取ったベンチャー企業の空気感も平田は気に入り、説明会が終わるころには入社を心にきめていた。

EPISODE2

入社2年目。
見よう見まねでつくるホテル。

ベンチャー基質な会社ならば、若手の頃から裁量も与えられて、成長も早そう。平田が期待したチャンスは、彼が2年目のときに巡ってきた。1年ほど現場接客業務を経た後、命じられたのは、新規ホテルの立ち上げだ。中心となるのは、平田たったひとり。ホテル内の自動販売機の設置ひとつも、提供する食事メニューの決定ひとつも。全てのことが平田の判断で、進んでいく。とくに重要だったのは、営業活動。新規ホテルができることを、各企業に脚を運んで売り込んでいく。こんな快適な時間が過ごせる空間です。社員さんの出張があるときはぜひご利用を。最初は見よう見まねの営業や打ち合わせだったが、3ヶ月の立ち上げプロジェクトが完了するころには、平田はホテルがどうやって出来上がるのか、一通り理解し、その知識を自信にも変えていた。

EPISODE3

これまで成し遂げたどの仕事も、
必ず振り返りを。

平田は、新規ホテル立ち上げのプロジェクトを振り返り「毎回、プロジェクトの初めての経験を思い返すんです」と語る。こうすれば効率的に進められたんだ。次はこんな改善ができるはず。それらのストックは、また別の新規ホテル立ち上げ時、きっと役に立つことばかり。彼が日々向き合っているのは、ホテルの支配人。平田よりずっと年上の人もいて、彼らに指示を出し、アドバイスをしなければならない場面もある。それでも平田がひるむことはない。自分の手でホテルをつくりあげ、何度だって新鮮な気持ちで最良の手段をたぐることができるからだ。次の目標は、エリアコンサルタント業務。自分の担当を明確に持ち、より多くの支配人のサポートをする未来を期待している。

OTHER INTERVIEW

他のストーリーを見る

TOP PAGE